未来シナリオ

20年後を覗いてみよう

 

ヒストリーマップ

ヒストリーマップ

自己紹介&ヒストリー

・ニックネームと今日期待する事

・あなたにインパクトを与えた出来事

    →阪神淡路大震災&携帯電話

・組織にインパクトを与えた出来事

    →パソコン&上下関係


20年前から今を振り返る

20年前 → 現在 → 20年後

振り返り

20年後から今を振り返る

20年前 → 現在 → 20年後

振り返り

20年後は何になっている?

進化するのは何でしょう?

20年後は何になっているか?

チラシの中の商品

20年後から今を振り返る

2.質問の商店をどこに絞るか?

20年後から今を振り返る


シンギュラリティ

技術的特異点は、汎用人工知能(en:artificial general intelligence AGI)あるいは「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったときに起こるとされている出来事であり、ひとたび優れた知性が創造された後、再帰的に更に優れた知性が創造され、人間の想像力が及ばない超越的な知性が誕生するという仮説である。フューチャリストらによれば、特異点の後では科学技術の進歩を支配するのは、人類ではなく強い人工知能やポストヒューマンであり、従ってこれまでの人類の傾向に基づいた人類技術の進歩予測は通用しなくなると考えられている。


特に、PEZY Computing代表の齊藤元章により、2025年頃にプレ・シンギュラリティ(前特異点、社会的特異点)と呼ばれる社会的な大変革が始まることが予測されている。そして、その後は人類の生存に必要な労働の負荷が急速に低減して行き、人類の生活の在り方が根底から覆ると予測されている。




未来を動かす原動力を考える

1.質問から想像できる20年後を描いてみましょう。

原動力

2.20年後の状況の因果関係を考えてみましょう。

因果関係

未来を左右する要因を見つける

20年後から今を振り返る 20年後から今を振り返る2

事例

要因 要因2

シナリオを考える

20年後の状況はどんなものになっているのか。
4つの象限のそれぞれに名前をつけてみよう。

シナリオを考える

目的を探す

20年後から遡る

20年後から遡る

シナリオを考える

4つの事象の20年後の生活を考えてみる。

20年後の生活を考えてみる

さらに詳しくシナリオを考える。

1週刊の活動をシナリオ化する。

シナリオ

5年後の兆候を見出す

今からの準備は何か?、発展のポイントを考える

発展のポイント